20210412_打ち合わせ

17:00-18:20 平山、田中夫妻、高梨出席

平山

知り合いの知り合いの磯辺氏に補助金などに詳しい人と相談、補助金が通らなかったら無料にしてくれる約束。通れば2割の手数料だが、補助金の中でうまく融通してもらう約束。

補助金はこちら。

事業再構築補助金

最大6千万円、補助率2/3

補助金を申請するために何を購入するのかおおよそ算出しておく必要があり。
→こちらに書き込んでいきましょう。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1XPSSxDNhUmUNSeVFhdy09sA51lmKLAdj7fEtaaP8ORE/edit?usp=sharing

補助金の認可には2-3ヶ月はかかるだろう。

土地代200万円を建て替えることはできる。
もし、農業認定できなければ戻ってくるし。

田中

農業を手伝ってくれる人を探すには

ウーファー を利用するといいかも。食事と宿を提供すれば無料で働いてくれる。

ユンボの体験でワークショップ型にすれば、無料で手伝ってくれる人を探せるかも。

クラウドファンディング で出資者を募る手もあり。プレゼンが大事。

畑の近くの土地に住むところを見つけたい。
→高梨の家が完成すれば、ウーファーの寝泊まりする場所にもなる。
→民宿やまねこで契約する形もありかも。
→法人にしておけば寮費の分を節税できる。

法人の2/3が45歳未満

青年等就農支援については、法人で45歳未満が過半数の必要があったが、それを申請しないとなると、田中夫婦の役員は不要かもしれないが、今後も補助金が出てくるかもしれないので、株式会社えいしんの「目的変更」の時に、合わせて役員にしておけば無難か。

法務局などへの手続きは、専門家だと4万円くらいかかる。

株式会社の目的変更


→高梨 経験あり。かんたん。ただし大阪まで行かなければならない。上の場合手数料は5,500円なので任せたほうがいい。

夫婦でGoかNoか相談したい
→Goで行く

高梨

早いうちに西表島に引っ越したい。物置をつくり、トレーラーハウスを設置できればとりあえず引っ越しできる。

クラウドファンディングのためにも今からサイトトを開設し、今のこの計画の段階から記録をつけておくのもあり。

近日前泊さんに購入の方向で行くことを伝える。